"最近は、恋愛は男と女がするもの。 そんな考え方が常識だった時代はもう終わったと言っていいように感じます。 自分の恋愛対象は異性だけれど、そうじゃない人に対して偏見を持つわけではない、恋愛と一括りにしてしまえばどれも同じ、という捉え方をする人も増えてきたのではないでしょうか。 個人的に、多様な恋愛事情について日本ではまだまだ理解が得られていないものだと感じていましたが、近頃はメディア等で顔も名前も出し、自身のありのままの恋愛について語る方を見る機会も多くなってきました。 好きになった人が好き。 恋愛に対する一種の偏った固定概念が変化しつつある今、本当に想い合える相手と一緒に過ごせる時間を大切に出来る人々が、何より自分に正直でいられる環境がより広がっていくことに期待しています。 そんな環境があって初めて恋の蕾は少しずつ大きくなり、綺麗な花を咲かせることが出来る、本来恋愛とはそういうものではないでしょうか。 "

Copyright © 2006〜2013 結婚情報リンクステーション. All rights reserved